2011年3月5日土曜日

エクササイズ運動よる痩せ身の基本的な考え方

エクササイズ(運動)

エクササイズよる痩身の基本的な考え方は、

「食餌による摂取カロリー」を変えない場合

「基礎代謝による使用カロリー

+運動や活動による使用カロリー」

を大きくすることで痩身を期待するというものである。

運動により、体内の備蓄エネルギーの

大半を占める体脂肪を消費させることで、

痩身を期待する。

単に「体重を落とす」という意味ではなく、

筋肉量の増加によるいわゆる

「引き締まった身体」を目的とするケースも含む。

この際、外見上は以前より細く見える場合でも、

体重はむしろ増えていることもある。

筋肥大によって、

基礎代謝量および運動時の消費カロリーが

増大することを利用し、痩身を期待する。

筋1kgの基礎代謝量は50kcal程度といわれている。

また筋肉量が増加すれば、

以前と同レベルのエクササイズを行ってもより

多くの筋肉量がその運動に参加することになり、

消費カロリーも大きくなる。

また筋力強化によって負荷自体を

増大させることも出来るために、

更なるカロリー消費の増加が

期待できるという効果も考えられる。

中性脂肪から遊離脂肪酸への分解は、

体内で常に起きている

エネルギー源として脂肪は常に血液中に存在するが、

最初に運動で用いられるエネルギー源は血中の糖分

(ブドウ糖)由来のもの(解糖系によるエネルギー)

といわれている。

糖分は迅速にエネルギーに変換されるため、

運動初期、とくに運動開始時に急激に必要

エネルギーが増大したときに用いられやすく、

その後、遊離脂肪酸からエネルギーが作られていき、

運動が安定していくと徐々にそちらに切り替わる。

分解された遊離脂肪酸は、

使われなければまた中性脂肪に合成される

カプサイシンやカフェインなど、

中性脂肪から遊離脂肪酸への分解を

促進することが知られている化学物質も、

摂取するだけでは遊離脂肪酸自体は

消費されずに余剰の状態で

再び中性脂肪に戻っていくので、

減量には寄与しない。

交感神経系が活発化することで

基礎代謝量が上昇する効果は期待できるが僅かである。

またそうした物質の持つ興奮作用で

エクササイズの効率を高めるともいえるが、

精神作用物質の効果で無理に

身体に負荷を掛けることは安全とはいい難い。

脂肪がエネルギー源として

使われる割合が最も高いのは安静時である。

高強度運動では筋グリコーゲンや肝グリコーゲン

(糖質)が主に消費される。

グリコーゲンが枯渇した状態で食物を摂取すると、

食物中の糖質はグリコーゲンの補充に使われる。

グリコーゲンが充足した状態で食物を摂取すると、

食物中の糖質は脂肪の合成に使われる。

以上の4点から、高強度運動を行った場合、

運動によって直接消費される脂肪は少ないものの、

次回の食事はグリコーゲンの補充に使われ、

合成される脂肪は少なくなる。その一方で、

安静時(非運動時)には体脂肪が

主なエネルギー源として使われるため、

結果として体脂肪は減少する

(食事のエネルギーが運動と

基礎代謝の消費エネルギーより少ない場合)。

一方、低強度運動で脂肪のみ使ったと仮定しても、

筋・肝グリコーゲンが減少していない

状態で摂った糖質はほとんど脂肪の合成に回されてしまう。

結局、高強度であっても低強度であっても、

体脂肪の増減は摂取カロリーと

消費カロリーの差のみに依存することになる。


体型や運動経験によって、

適する運動量は異なる。痩身目的で運動する人には、

低強度から中強度の運動が勧められる。

それは主に以下のような理由からである。

太り気味あるいは肥満の人は、

もともと運動が嫌いで運動不足になっている

可能性が高いと考えられるため、

辛い高強度運動では運動に

対する意欲が継続できない可能性が高い。

運動不足の人が突然高強度運動を始めると、

様々な故障の原因となりやすく危険である。

日常的に運動を行っており、

高強度の運動を行う基礎体力が

十分備わっている人が更に減量を行おうとする場合、

低中強度の運動は退屈でかえって苦痛であり、

また同じ運動時間では高強度運動よりも

消費カロリーが少ないので効果が現われにくい。

そのような人は痩身のために無理をして

低中強度の運動を長時間行う必要はない。

体脂肪などは直接運動エネルギー

として消費される以外に、

運動のために代謝が活発になる(

体温の上昇)ことによっても消費される。

このことは特に低強度から中強度の運動では重要になる。

水泳などでは運動中・運動後に体を冷やさないように

注意すると効率よく消費するカロリーを増やすことができる。

なお、高強度運動によって筋組織の

たんぱく質が分解されることにより

生成されたアミノ酸をエネルギーとして使用するので

筋線維が縮小して基礎代謝を

下げてしまうといったことも言われるが、

これは体内の糖質も中性脂肪も枯渇してしまった

極端な飢餓状態での話であり、

健康な人が運動する限りにおいてはほとんど

問題にはならない。

通常は、食事によってたんぱく質を十分補えば、

超回復によって筋線維が

強化される効果の方が大きいと考えられる。


「痩身」の参考文献情報
ページ名: 痩身
著者: Wikipedia の執筆者たち
発行者: 『Wikipedia』
更新日時: 2008年7月23日 00:22 (UTC)
取得日時: 2008年8月14日 02:14 (UTC)
恒久的なURI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%97%A9%E8%BA%AB&oldid=20882686
ページの版番号: 20882686

0 件のコメント: