2011年3月10日木曜日

ダイエット リバウンド

リバウンド

痩身行動によって、

一時体重を目標もしくはそれ以下まで落としたものの、

その後再び以前の状態まで戻ってしまったり、

以前よりもむしろ

体重や体脂肪率が増加してしまうケースがある。

これをリバウンドと称する。

リバウンドの原因として以下の原因が挙げられる。

過度の食餌制限により飢餓状態に陥った体が、

過剰に栄養分を吸収しやすくなった。

体重減少の原因が主に筋量減少によるものだった為に、

基礎代謝や運動時の消費カロリーが減少してしまった。

体重減少に安心し、継続的な痩身行動を怠った。

食餌制限によるストレスで、逆に食欲が増加した。

体重減少とリバウンドを繰り返すと、

基本的には徐々に体重や体脂肪率は低下しにくくなるため、

痩身行動後の自己管理も重要とされる。

運動を怠っている場合、筋肉量が減少しやすく、

また増加する体重の多くは脂肪として

蓄積される分となるため、

一般的には筋肉より脂肪の割合が増加、

以前と同じ体重であっても

体脂肪率や肉体の体積は増大し、

体型はより太く見える。

この悪循環に陥ると、

筋力減少により基礎代謝が低下し、

運動での負荷が以前より掛けられず、

運動によるカロリー消費の効率も落ちてしまい、

元の状態に復帰するのに時間がかかる。


「痩身」の参考文献情報
ページ名: 痩身
著者: Wikipedia の執筆者たち
発行者: 『Wikipedia』
更新日時: 2008年7月23日 00:22 (UTC)
取得日時: 2008年8月15日 16:06 (UTC)
恒久的なURI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%97%A9%E8%BA%AB&oldid=20882686
ページの版番号: 20882686

0 件のコメント: